マックスフーズジャパンについて

mack's-group

マックスフーズジャパンは、1968年に東京JR目黒駅前において5坪のもつ焼き「やきとん まこちゃん」の創業から始まり、現在では「マックスグループジャパン」を形成し、外食事業部(直営部門、F.C部門)、農水産物輸出入卸、特販部が組織されています。また、食品加工を株式会社マックス食品工業と株式会社オークを協力工場として事業を展開しています。

外食事業は、直営の東京新橋「やきとん まこちゃん」本店を中心に展開し、2010年より新規出店とパートナーシップチェーン(F.C)も開始しています。また新会社を設立して、外食事業部の加盟会社として多店化を図っています。

輸出入部において、輸出は日本製冷凍食品を中心としています。また輸入は、カナダバンクーバーの生ウニ、米国・チリの生ウニや冷凍ウニの輸入・加工・卸、フィリピン産冷凍マンゴー、サヨリやキス、カナダ産の松茸が主要取扱品目です。

特版部は、全国水産物を業務用・小売用・加工用として販売し、各種鮮魚業務用の卸、量販店向け惣菜開発を主たる業務としています。

業務提携工場である株式会社マックス食品工業は、外国産・日本産ウニのリパックを中心に、ウニピューレ・粒ウニ・ウニソース・ウニソボロ・海鮮巻き芯など、業務用・量販店向けに加工して日販しています。また株式会社オークでは、日本海産生アジフィレの加工と、各水産物の加工を主として、マックスフーズジャパンと協力して食材開発を行っています。

これから益々、食の多様化が進む中、マックスフーズジャパンは国内外に広く視野を持ち、柔軟な発想でオリジナリティ溢れる食品開発に努めます。マックスフーズジャパンの豊かな未来にご期待ください。

代表取締役社長 西田 眞

沿革

1966年 「麻布十番 あべちゃん」で修行
1968年11月10日 11月10日「やきとん まこちゃん」個人で創業
1970年 「やきとん まこちゃん」二号店(現本店)開店
1971年 有限会社丸友企業設立 貿易事業開始
1975年 有限会社東京ゲダック設立
米国シアトルより冷凍ミル貝輸入
1976年 カナダ・バンクーバーで生ウニ加工、日本に輸出開始
1984年 米国・ロサンゼルスに MACK’S FOOD L.A. 設立(現休眠)
1986年 株式会社マックスフーズジャパン設立(資本金:3,980万円)
2008年 食肉・鮮魚卸売り事業開始
2010年3月 株式会社マックス食品工業設立(資本金:1,000万円)
2011年4月 F.C事業開始
2012年4月 株式会社マックスフーズジャパンの資本金を6,980万円に増資
台湾和友貿易有限公司と業務提携
2013年10月31日 株式会社マックス食品工業を事業拡大のため株式会社アイ・ビー・シーに株式譲渡、西田眞が会長就任
2014年1月20日 鳥取県境港市の株式会社オーク(水産加工)と業務提携し協力工場としてスタート
2014年2月26日 東京都品川区西大井に新社屋完成、セントラルキッチン併設、直営店出展加速の用意